長沼精肉店について

当店は、今年で創業54年をむかえます。

祖父の代鶏肉の専門店として立ち上げ、

長い歴史とともにたくさんのお客様に愛され続けてきた、

老舗の精肉店でございます。

現在では、鶏、豚、牛、馬と多くの精肉をはじめ

調理師免許を取得した私の母が、お惣菜にも愛情を込め販売しております。

これからも当店は伝統を受け継ぐ変わらぬ味、安心、愛情、を与えるお店をコンセプトに

多くの皆さまから愛されるよう、従業員一丸となって努力をいたす所存でございます。

今後ともよりいっそうのご愛顧宜しくお願い致します。


長沼精肉店 3代目
代表取締役 長沼裕士

加須市大門町にある長沼精肉店の長男の長沼裕士(ながぬまゆうじ)と申します。
長沼裕士は長沼精肉店の3代目として邁進することを決意いたしました。
  
お恥ずかしい話、祖父、父の働いている姿を幼い頃からみていたのですが、
お店の手伝いをしたことがありませんでした。
修行の身としてお店の掃除を手伝ったり、仕込みの手伝いをしたり、
時にはお客さまと会話をしたりと、
今まで経験したことがないことを経験すればするほど、
お店を始めてくれた祖父への感謝の気持ち、運営している両親への感謝の気持ち、
支えてくれている祖母や親戚の皆さんへの感謝の気持ち、
そして何より皆さま、お客さまへの感謝の気持ちで胸が一杯になっていました。
『いまウチの子供が東京から帰ってきるの、帰ってくると長沼さんのメンチカツが食べたいっていつも言うのよ』このお言葉、嬉しかったです。
美味しさを皆さんにご提供するのはもちろんなのですが、
当店の商品が一つの思い出になっていることに感激いたしました。

これからもお客様との会話を大切にして参ります。。

そして、先代まで作り上げてきた歴史をきちんと受け継ぐと共に、

時代の変化にも柔軟に対応できるよう日々精進して参ります!

どうぞよろしくお願いいたします